ビジョンと行動指針

フローレンスが実現したい社会、そのためのミッション、戦略、組織指針などについてご紹介します。

ビジョン ー 目指す社会像 ー
ミッション  ー 果たすべき使命 ー ストラテジー ー 私たちの戦略 ー チーム ー 私たちの組織  ー
名前の由来

フローレンスは、フローレンス・ナイチンゲールのファーストネームから名づけられました。
病児保育という看護と保育の融合した領域に挑戦するにあたり、
看護の代名詞であるナイチンゲールの名前を借りたのです。

しかしながら、フローレンスが彼女を尊敬したのは、それだけではありません。
ナイチンゲールは、従軍した戦争で、戦闘で亡くなる兵士よりも疫病で亡くなる兵士の方が多いこと、
疫病の原因が劣悪な衛生環境にあることを見抜いたのです。
そして、統計学的に証明することで陸軍大臣を動かし、
衛生環境を改善させ死亡率を劇的に引き下げた論理的な数学者でした。
また、医者の召使いとされていた看護師をプロの医療者として定義しなおし、
看護学校の建設や運営にあたった社会起業家でもありました。
そう、ナイチンゲールはイノベーター(革新を起こす人間)だったのです。

私たちフローレンスも、我が国の子どもたちにかかわる、古い硬直した制度や価値観、仕組みなどを変え、
新たな価値を創造するイノベーターにならんという志の証として、想いを名前に刻み付けています。

現在の「ビジョン」等は2015年、創業から10年の節目に、次の10年に向けて刷新しました。
フローレンス設立時から2014年までのビジョンはこちら

私たちの行動指針 ~フローレンス・ウェイ~

この行動指針「フローレンス・ウェイ」は、私たちが大切にしている価値観を言語化したもので、フローレンススタッフの道しるべ、組織文化としても浸透しています。
社会問題を解決するための事業を生み出すことは、固定概念にとらわれずに砕氷船となって航路を切り拓くこと、試行錯誤しながら道なきところに道を創っていくことでもあります。
フローレンスの唯一の資産は「人」。スタッフが同じ方向を向き、仲間を信じ、チーム力を発揮することが、よい事業を生み出すこと、目指す社会の実現につながると信じています。

Florence WAY
  • “チームフローレンス”でいこう! 現場、本部、部門、役割の垣根を作らず共に進んでいこう
  • 飛び込め!われらの現場に 現場に行き、現場を体感し、現場に学ぶべし
  • ゴーゴー!“前のめり” 失敗を恐れず、すぐやろう! やってみなけりゃ始まらない
  • 戦略脳、フル回転! 数字を元にPDCAをひたむきに実行しよう
  • アイデア相撲を取れ! より良い成果のために土俵にあがろう!アイデアや意見のぶつかり合いは大歓迎
  • ハートと生産性の両輪で走れ! 利用する人の立場に寄り添いながら、持続可能な仕組みを作るべし
  • リスペクトのレンズを着け、世界を見る いいところを見つけ伝えることで、自分と相手の可能性を広げていこう
  • 変革者たれ 「当たり前」を疑う心を持ち、周囲を巻き込み、突破できる人であれ

ページトップ

サイトマップ